オトメナゲヤリ

女子大生の雑記

過敏性腸症候群(IBS)とメンタルの話

f:id:kanakonakonako:20160707235337j:plain

 

昔からお腹が強い方ではないけれど、実家に出戻ったり大学受験など環境の変化があったせいで、ここ数年お腹がすごくゴロゴロするようになった。

ゴロゴロしたあとナイアガラの滝レベルでお腹を下すんだけど、トイレに駆け込んだ後はお腹がスッとする…。そして便秘とナイアガラの滝を繰り返し、時々その煽りを受けて痔になるという、他人には決して言えないような下半身事情(?)を抱えていた。

1年前の春病院に行ったら「過敏性腸症候群」と診断されたのだが…。

 

 

 過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん、英語:Irritable Bowel Syndrome、略称:IBS)は、主として大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気の総称。ーwikipedia

 

英訳から分かるように、つまり精神的なものに因るのが大きい。

下痢型・便秘型・その交代型やガス型などいろいろな型があるけれど、私は交代型です。(下す方が若干多いかも)

特に今年から大学に通うようになってから、講義中にお腹が痛くなって中座することもしばしば。

 

人が多くて騒がしいのに耐えられなくて、辛かった!!

 だって大学生って集団で動くしうるさいんだもん!

 

実は、本当に辛くて泣きながら大学に通っていた時期がありました。(まあ勿論みっともないんで周りには絶対に悟られないように、)成人したお姉ちゃんが大学の医務室でメソメソしてました。

去年まで全然違う環境でお仕事してた人が、ひさびさに学校に通って(高校も行ってないので本当に数年ぶりだった)、結構メンタルボロボロになってたときもあったんだけど、養護の先生に励まされて何とか通年の授業を終えました。

 

私は16歳の時に高卒資格とったっきりの学歴なんで、なんとしても大学を卒業してキャリアを得ないとマズイ。それに、大学院にも進みたいし。

 

+++

 

昔に多々トラウマがあり、大人とゆーモノはとにかく信頼してなかったんだけど、養護の先生とカウンセリングの先生には足向けて寝らんないぐらいお世話になりました。

腸は心を映す鏡という言葉があって、やっぱり派手にウツを患った私にはお似合いの疾患だと思いますよ、ええ。

 

 

IBSを抱えた大学生のために、私なりの乗り切り方のコツを書いておきます。

 

 

ストッパを持ち歩く!

これがあるだけで気持ちが違う。

お守り代わりで常にポーチに入れてる。

 

 

 

ハンカチに好きなにおいをしみこませる!

私は好きな香水をしみこませておいてます。

お腹が痛くなってパニックになりかけたとき、これを嗅ぐと大丈夫だと自分に思い込ませてます。精神的な保険。

 

 

逃げ場を確認しておく!

もしお腹が痛くなった時のことを想定して、トイレの位置を確認。

私はトイレの個室だと落ち着けるので、万が一の時はそこに逃げ込める、大丈夫だ、と自分に言い聞かせてました。

 

 

がんばらない♡

もーどーしようもないときは、がんばらない。

人生のほんの一瞬サボってもバチはあたらんと自分を説得して体を休ませる。

 

 

 

あとは食生活気を付けたり、適度にストレッチしたりするぐらい。

執筆の仕事してるときは座ってばっかりになるので、たまにジョギングにも行きます。

これで多分勝つる。

全てのIBS患者に幸あれ。