オトメナゲヤリ

女子大生の雑記

ふんどしを履いてみたのでレビューする

f:id:kanakonakonako:20170719073625j:plain

一年ほど前から、室内でふんどしを着用しています。

ふんどしと聞くと「パンツのオールドタイプ…古典派…」と思いがちなのだが、結構メリットが多いので、お気に入りのブランドと一緒に紹介してみます。

 

ウンナナクールから発売されている「ななふん」

 

 

 

ウンナナクールは、「洋服のような下着屋さん」をテーマに、国内最大手下着メーカーのワコールが手掛けるブランド。

 

www.une-nana-cool.com

 

吉祥寺や池袋など、都心のオサレな場所をメインにお店を構えています。

ふんどしを使用する以前からここで下着を購入していたのですが、Amazonで「ななふん」を発見。今では専らふんどしヘビーユーザーです。

通販だけでもいろいろな柄があるのでかわいい。 

 

 

 ふんどしを履くメリット

 

  • ゴムの締め付けがないので血行がよくなる
  • 通気性が良いので蒸れない
  • 履いていないような着け心地でストレスフリー

 

ゴムの締め付けによってビキニラインが黒ずむ悩みも解決、さらに「ななふん」は綿100%のため、化学繊維によってかゆくなったりしません。

 

 

ふんどしのデメリット

 

  • 自分で結ぶタイプは慣れるまで大変
  • ゴムがないのでトイレのとき面倒
  • たまに出かけの際パンツをはき忘れる

 

最後のは多分私だけだと思います。

家でぼやぼやしていて、夕方バイト行こ~ってなったときに、何度かパンツに履き替えるのを忘れたことがあるアホです。

バイト先でノーパンに気づき戦慄しました。

バイト先の後輩に打ち明けたところ完全にイジられ、以後会うたびに「乙女さん、今日パンツ履いてますか?」と確認されます。気をつけましょう。

 

 

夏の時期、浴衣に合わせてふんどしを履いたらいいと思います。

夏の夜、彼氏とえっちな展開になった時めくったらふんどしっていうのもなかなかオツなもんだと思いますよ、ええ。

どうせ着物着るんだったら、下着まで古典派にならないとね。