オトメナゲヤリ

はみだし女の備忘録&雑記ブログ

【中検】キクタン中国語レビュー:独学でゼロから学ぶ人へ!

f:id:kanakonakonako:20171104171659j:plain

 

 

こんにちは、資格マニアのオトメです。

今回は私が中検対策に使った『キクタン中国語』について、レビューを書いていきます。

  

 

 

 

キクタン中国語とは? 

英語参考書でもおなじみのアルクから出されている、中検対策用の中国語単語集。

2017年11月現在、中検準4級~準1級までと、中国語会話、慣用句編が刊行されています。

シリーズによって多少異なりますが、おおよそ1900円~2200円(CD付属)。

(Amazon Audible会員だと音声を無料で聴けます。個人的には全くお勧めしませんが)

※Audibleの詳細についてはこちらへどうぞ。

 

 

 

キクタン中国語シリーズの良い点

CD付属

速読シリーズのようにCDが別売りでバカ高いとか、そういうことはないです。

クオリティも高いので、CDに関しては素晴らしいとしか言いようがありません。

チャイナ風の音楽に合わせ、中国語→日本語の順で流れていくので、とても耳に残りやすいです。

ipodに落として、通勤・通学時間に聴いてるだけでもすごく効果的。

特に声調は日本人の中国語学習において最も鬼門なので、そのハードルを下げるための努力がこの「キクタン 中国語」ではなされています。

 

 

他の単語との組み合わせフレーズを巻末に掲載

キクタン準4級向けでは、「喝 hē」「咖啡 kāfēi」「啤酒píjiǔ」といった単語が出てきます。

これらの単語を覚えるとなったときに、それぞれバラバラに覚えるよりもフレーズで覚えたほうがいいですよね。

そういったよく利用されるコロケーションや量詞フレーズが、巻末に一覧にされています。

また、4級向けの初級編では、中国語文法の最初の難関ともいえる結果補語や補語としてよく利用されるフレーズもまとめられています。

 

日本人が間違えやすい語句に注意が付してる

たとえば、「走 zǒu」という単語、日本語では「走る」という意味ですが、中国語では「~に行く」「歩く」という意味です。

このように日本人がうっかり間違えやすい単語には「⚠」マークが付してあります。

 

 

キクタン中国語シリーズの「もう少し」な点

一問一答化している

例えば、『说 shuō』『谈 tán』『讲 jiǎng』は平たく言えばすべて「話す」という意味を持つ動詞ですが、英語のtalk,speak,tellなどと同じように、微妙に異なるニュアンスがあります。

それをすべて「話す」でくくってしまっているので、初学者には差異が分かりづらくなってしまっています。

 

 

声調・簡単な文法知識についての解説が欲しかった

単語帳なので仕方ないかもしれませんが、事前にある程度中国語の知識がないと習得が難しそうです。

また、第3声の連続→声調変化や、離合詞などの文法知識についても何の前置きもありませんでした。(のに、例文でしれっと使ってくるので、初見で「これどーいうこと?」ってなる)

 

したがって、ゼロから中国語をやる方は、このキクタンシリーズに取り掛かる前に、何か別のかたちで中国語のさいしょのステップに触れたほうが効率的です。

例えば、『新・ゼロからスタート 中国語』は、中国の基本となるピンイン・声調についての解説からスタートしています。

CD付属で、初学者にとてもおすすめの参考書です。

 

 

あとは『NHK まいにち中国語*1』がとてもベーシックなのでオススメです。

 

まいにち中国語 | NHKゴガク

 

 

 

終わりに

アルクシリーズの語学参考書(特にキクタンシリーズ)は業界大手と言ってもいいほど信頼があります。

なので、「下手な参考書を買ってお金を無駄にするより無難にキクタン」のスタンスでもいいかもしれません。

中国語上級者から見ると、確かに単語帳としてやや解説が不十分なところはありますが、日頃の勉強のなかで得た情報を補足としてメモするなどして「中国語学習の軸」にすることは可能だと思います。

 

 

 

 

*1:4月~9月の半期放送しており、それ以外の期間は再放送です。