オトメナゲヤリ

はみだし女の備忘録&雑記ブログ

ITパスポート試験って? 合格体験記とオススメ参考書

f:id:kanakonakonako:20180713135537j:plain

 

 

こんにちは、オトメです!

今回は、これからますます知名度が上がってくるだろうと思われるITパスポート試験の情報を、私の合格体験記と併せてまとめました!

受検を考えている方や、これから受検する方の参考になれば幸いです。 

 

 

 

 

ITパスポートの概要

ITパスポートとは?

iパスは、ITを利活用するすべての社会人・学生が備えておくべき
ITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。

(公式HP"iパスとは"より引用) 

最近できたばかりの資格で、正直言って知名度はまだ低いです。略称はiパス(アイパス)。

しかし、大学生の場合、iパスを取れば情報系の授業において加点・出席免除などのメリットがあります。

また、就活においても有利で、IT系の国家試験としてエントリーシート・履歴書資格欄に書くことが出来ます。

 

つまり、情報系に強いってことがアピールできちゃいます!

 

これから知名度が広がっていくであろう将来有望な資格なので、取っておいて損はないと思います。

ただし、無理して取る必要もないというのが本音ではある。 

 

試験方式

試験時間は120分です。

早く解答しきった場合、終了時刻前に退出することも可能です。また、他資格と異なり、遅刻による入室制限もありません。

 

小問が100問あり、以下の分野から出題されます。

ストラテジ系(経営全般):35問程度
マネジメント系(IT管理):20問程度
テクノロジ系(IT技術):45問程度

※分野に関しての出題詳細は、過去問やiパス対策用問題集を参照してください。

また、試験はCBT(Computer Based Testing)方式で行われます。

CBT方式とは、PCで回答する試験*1です。なお、会場のPCを利用するため、ノートパソコンなどを持ち込む必要はありません。

  

合格基準

1000点満点で600点以上取れば合格です。

ただし、各3分野において、それぞれ300点以上を取っている必要があります。

極端な話、2分野だけで600点を超えていたとしても、残りの1分野で0点だったら不合格です。

なお、CBT方式ですぐに採点されるため、その場で合否が判明します。

   

受検時期

基本的に全国で1年中開催しています。

自分のスケジュールに合った受検会場・受検日を選ぶことが可能です。 

 

 

 

 

受検体験記

合格までの流れ

f:id:kanakonakonako:20171112182802p:plain

私がiパスを受検したのは、大学1年生の6月でした。

情報系を扱う学科だったので、ある情報処理の授業でiパスを受検すれば加点とのお達しがありました。

資格マニアの私は速攻で受験を決意し、早速申し込み。

そして直前一週間前までは真面目にやってませんでした

 

6月に受検。都内在住なので、新宿会場を選択しました。

受検者の年齢層は大学生が5割ぐらい、あとは意外にも中年の方が多かったです。

付け焼刃勉強の甲斐ありサクサク解答。試験時間よりもはるかに早く終わったため、2~3回ほどケアレスミスの確認をして終了。

そして、挙手で係員に回答終了を知らせると、PCの画面が切り替わり、それ以上回答できないようになりました。

その場で合否が判明し、700弱ぐらい取れていたので「わーい」と喜び、新宿の薬局で当時ハマっていた いろはす桃味をご褒美に買って のこのこ帰宅。 

授業に全く出てませんでしたが、期末試験(iパスより簡単だった)を受検し、最高評価をいただきました。

 

  

使用参考書

【ITパスポート試験 直前対策1週間完全プログラム】

 

赤シート対応のハンディサイズです。

通学中や大学の休み時間、バイトの休憩中に便利でした。

iパスは暗記項目も多いので、赤シートとの相性は抜群です。

 

 

【ITパスポート試験 書いて覚える学習ドリル】

 

大き目の一問一答集。

大学受験でよくある、地歴公民の問題集みたいな感じです。

こちらは書きながら覚えたい人向けで、内容は上記と同じなので、両方買う必要はないかと思います。

赤シートで覚えるか、書きながら覚えるか、お好みでお選び下さい。

 

 

【栢木先生のITパスポート教室】

 

大学の講義で指定された教科書*2でした。

これ一冊でiパス出題範囲のほとんどを網羅しています。

初心者がつまづきやすいIT用語についても、平易なことばで説明してくれているので、IT系の資格受験が初めての方におすすめです。

ただし、ナビガイドのような参考書なので、掲載されている問題数は少なめです。

よく出る問題や過去問の一部を章末にまとめてある程度なので、もっと問題演習をやりたいという人は、上記で紹介した問題集や、ネット上にある無料で利用できる過去問を利用しましょう。

 

 

ナビガイドのように網羅してある参考書が好きな人、問題演習をしながら覚えたい人、いろいろな勉強スタイルがあると思うので、それに合わせて選びましょう!

私はいろいろと問題集に手を付け過ぎたなと反省しています。

このブログを読んでいる人には、こういった先人の後悔を踏み台にして合格してもらいたいです。

 

また、私は一応情報系をやっていた学生の端くれだったので、このようになんとなくやったら通ってしまいました。

しかし、本来はきちんと対策して受検すべきです。はい、反省。反省しかない。

社会人の方やIT系が門外漢だという方は、他サイトさんになりますが、こちらの記事が参考になると思います。

 

yamacorp.hatenablog.com

 

 

 

 

*1:障がいがある人は筆記での受験も可能です

*2:当時はこれの旧年度版を使用していました