オトメナゲヤリ

女子大生の雑記・レビュー

【2018年度版】現役大学生が選んだ大学生マストアイテム5選

f:id:kanakonakonako:20171118145947j:plain

 

大学生になると、学生生活を送る上で必要なもの、あった方が便利なものが増えてきます。

この記事では、大学新入生向けに現役大学生が独断と偏見で選んだ「2018年度版 大学生のマストアイテム」を紹介しております。

なお、PCスマホや筆記用具といった当たり前のアイテムは除外しているのでご承知おきください。

PCスマホなしで学生生活を生き抜くのは、裸一貫でジャングルのゴリラの群れに飛び込むのに等しいですからね。筆記用具なしで大学に行くのは、プロ野球選手が自分のユニフォームやグローブ家に置いてきて試合に臨むのと同義です。

 

 

 

 
 

       

 

 

大学生マストアイテム

SNSアカウント

f:id:kanakonakonako:20171118151147p:plain

メールや電話に代わり、Twitter,LINE,Facebook,Instagramなど数々のSNSが日常の連絡ツールと化している今、最低どれか一つのアカウントがなければ、大学生活を生き抜くのは難しいです。

私も大学入学当初、年齢が周りよりも上だったこともあり「いや、そういう無駄な馴れ合いとかしたくないから……ウェイ大学生は炎上しちまえコラ」と思ってSNSをやっていませんでしたが、いかんせん情報が全く入ってこない

不本意でも、「情報を手に入れるため」と割り切ってSNSのアカウントは持っていた方が良いです。

特に、カジュアルな連絡ツールとして使用できるTwitterかLINEがお勧めです。

 

Twitter

Twitterで「同学科と思しき人のアカウント」を見つけてリスト化すれば、授業に必要な情報が効率よく搾取できます。

プロフィール欄に「2017.4.13~♡」「総合商社コンサル志望/学生団体○○代/TOEIC950点/日々感謝」「お別れはリムブロで!」などと書いているような奴はだいたい地雷ですので気をつけましょう。非公開リストの中で監視して、絶対にフォローしてはいけません。

そういう連中は大体すぐに恋人と別れますし、日々感謝してる自分に酔ってるだけの意識高い系で、リムブロされたら鍵垢で愚痴を言います。

別に過去に何かあったわけではないですよ、いや、本当に……。

 

⚠公開リストに入れてしまうと相手に「〇〇さんのリストに追加されましたよ~」という通知がいってしまいます。もしリストを作成する場合は、気まずくなるので必ず非公開にしましょう。

 

LINE

また、「学科LINE」のようなグループLINEが作成されている場合もあります。入るだけ入っておくのも吉でしょう。有用な情報が流れてくるかどうかは、その学科の民度の質にも寄りますが、クソみたいなことしか流れて来なかったらミュートしてシレっとしてればいいだけです。入るのはタダですからね。

私は自分の学科LINEの存在を一年次終了時に知りました。別に入りたかったわけではないけど、誰もその存在を教えてくれなかったのです。挨拶を交わしていたあの子もこの子も入っていたらしいけれど、声すら掛けてくれませんでした。その日の晩は、近年希薄になりつつある人間関係の実情を噛みしめながら床に就きました。泣いてないです。

 

注意点

不用意に個人情報を晒した結果、炎上する大学生が後を絶ちません。

特にTwitterでは非公開アカウント(鍵垢)にすることをお勧めします。

但し、非公開アカウントにすることで、RTがされなくなったり、知り合いに見つけて貰い辛くなるデメリットがあります。

もし鍵をかけないのであれば、個人情報が他人に特定されづらいように「アカウント名をあだ名」「大学をアルファベットの略称で表記する(例:東京大学→UT)」といった工夫が必要です。

Facebookは友達以外投稿を見られない設定にした方がよいでしょう。

LINEはTwitterに比べればやや閉鎖的なSNSですが、タイムラインに公開で日記を書くのは控えるべきです。

 

 

 

   

 

 

 

 クレジットカード

f:id:kanakonakonako:20171118152635p:plain

「学生がな~にいっちょ前にクレカなんて~~!!」と怒るおじさんがいそうですが、持つべきです。

大学生活に必要な物資を効率よく入手するためのネットショッピングで、ちまちまコンビニ・ATM払いなどしていられません。

クレジットカードを作るためには審査が必要になりますが、アルバイトをしていなくても、親御さんにきちんと年収があり、過去に携帯料金などの未払いがなければまず通ります。

また、後述のマストアイテム「Amazonアカウント」でも、Amazon student会員になるためにはクレジットカードが必須です。

 

ただ、支払い方法がキャッシュレスになると、お金を使っている気がしないのでついつい何でも買ってしまいます。私の身の回りでも、浪費して自分のバイトの収入を超える額を使ってしまい、引き落とし日までに急いで日払いのバイトを入れて凌いでる「自転車操業」の学生がいます。

「月にいくらまで」と使用上限を決めて、使いすぎには注意しましょう。

学生の本分はあくまで勉強だと思います。

 

ちなみに、私は年会費無料の「エポスカード」など複数枚を所持しています。

個人的に一番オススメ。

 

【参考記事】

news.cardmics.com

 

 

 Amazonアカウント(Amazon student)

Amazonは一般会員であれば無料でも使用できますが、プライム会員(年会費3,900円)になると「当日配達」「Amazonプライムビデオ」「Amazonプライムミュージック」などが利用可能になります。

大学生の場合、この半額(年会費1,900円)「Amazon student」会員になることができ、上記プライム会員の得点に加えて、以下のようなメリットがあります。

 

  • 半年間おためし無料
  • 加入した時点で1000円分のポイント付与
  • 文房具が20%OFF
  • 本を購入すると10%ポイント還元

 

 

また、青果や食品・日用品などの配達サービス「Amazon fresh」が始まりました。

月額別途500円ですが、30日間おためし無料です。

一人暮らしの大学生にオススメです。

 

 

 

【参考記事】

nelog.jp

 

 

スケジュール帳

f:id:kanakonakonako:20171119141159j:plain

 

もしかしたら、高校生ぐらいまではスケジュール帳無しで乗り切っていた人も多いかもしれません。

しかし、大学に入るとそういうわけにも行きません。

授業の課題の締め切り、休講・補講の情報、アルバイトやサークルをやっていれば、そのスケジュールをきちんと管理しなければなりません。

 スケジュールアプリに頼るのもいいかもしれませんが、個人的には紙媒体の手帳をオススメします。

アプリは消えたときが怖いです。(まあ、それを言ったら紙媒体も無くしたり水没したら終わりなんですけど……。でも、アプリよりは消える危険性が少ないです)

私が紙媒体の手帳を選ぶ理由は、スケジュールを可視化しやすいし、サッと書き込めるからです。

 

女子学生向け

私は毎年、クーリアの手帳を使用しています。

女子大生にはこちらをお勧めしたいと思います。

巻末のコンテンツ(ツボ・ストレッチ・ダイエット・食品情報・マナーなど)が充実してるので、ここ数年愛用しています。かわいい。

 

 

 

男子学生向け

 

さすがに上記の手帳を男子学生向けに紹介するのはアレなので、オススメの手帳を提案したいと思います。

「高橋手帳」 が最もスタンダードで、ベストだと思います。

ウィークリーメイン・マンスリーメイン、カバーのカラーバリエーションなど、ラインナップが豊富で、微妙なニーズにもマッチしてくれます。

個人的には、高橋手帳を持っている男子学生を見ると、「おっ」となります。

少なくとも100均のスケジュール帳を使うよりはデキる奴って感じがします。

(後にインターンや研究室配属などで年上の人・社会人と接する機会が増えることを考えると、100均の手帳は、やっぱり、ね……)

 

 

 

   

 

 

A4サイズが入るバッグ

 

f:id:kanakonakonako:20171119144839p:plain

大学の教科書はサイズが大きいものも多いです。

A4サイズが入る鞄であれば、大体のものはちゃんと入ります。

リュックでもいいかもしれませんが、「如何にも大学生」な通学ファッションになります。

特に没個性的量産型大学生のファッションを忌避する女子学生は、大き目の鞄を買いましょう。

個人的にはセシルマクビーがオススメです。大きいサイズの鞄のバリエーションが豊富で、お値段も6000円ぐらい~なのでリーズナブル。

 

 

 

おわりに

 

人によって学生生活に必要なものは異なると思いますが、ここであげた5選は絶対に持っていた方がいいと私が強く思ったアイテムです。異論は認めます。

あとはタンブラーなんかを入れようかと迷ったのですが、ペットボトル飲料が好きな人も多いし、大学生はなんだかんだ荷物が多くなるので、重さを考慮するとタンブラーはマストと言う訳でも……となりました。

また、ここで挙げたうち二つがネットサービスのアカウントになってしまいましたが、それだけSNSやネットショッピングが私たちの生活に浸透しているということです。

 

さいごに、SNSでの炎上だけは気をつけましょう。

 

ネット上には、炎上の火種になりそうなものをいつも嗅ぎまわっているハイエナみたいな暇な連中がウヨウヨしてます。

そういう可哀そうな人たちが「人生謳歌してます!」みたいな大学生のアカウントに勝手に嫉妬して、ロックオンしたターゲットの「あら」を見つけます。

うっかりそこに未成年飲酒や喫煙の証拠をアップしてしまっていれば、「何~?こんなことしてる大学生、けしからん!」と誰に頼まれたわけでもないのに、正義執行の大義名分を掲げて炎上を仕掛けるのです。

 

利用の際は用法・用量を守って、「あら」を載せないよう十分留意しましょう。

つーか、「あら」になるようなことはすんな!

SNSこわい。