オトメナゲヤリ

はみだし女の備忘録&お役立ちブログ

【大学編入】編入試験の面接!傾向と対策

f:id:kanakonakonako:20180204092857j:plain

 こんにちは!編入経験者のオトメです。

今回は、大学編入試験でほぼ必ず課される面接試験について、実際に国立大学の三年次編入試験に合格した筆者がポイントをまとめてみました!

  

 

 

 

 

実施時間

 

私は国立大学を複数校受験しましたが、どこの大学も正味10分~20分ほどで終了しました。

順番についてですが、受験番号が早い順に実施されるケースが多いです。

遅く出願すると面接までの待ち時間が長くなってしまうので注意しましょう。

 

 

面接の試験ってどのタイミングでやるの?

筆記試験のすぐ後、もしくは翌日に実施されることが多いんだ。
中には一次試験の筆記を突破しないと二次試験の面接に辿り着けない大学もあるよ!*1

ふーん、ハンター試験みたいだね!

そこまで命懸かってないから安心して。

 

 

 

聞かれる内容

f:id:kanakonakonako:20180204101148p:plain

志望理由書の提出がある場合、出願と一緒に提出を要求されます。

面接のとき、先生の手元に志望理由書や成績証明書などがあり、そうした資料を基に面接が行われます。

よって、基本的にはその内容に即して答えれば良いですが、志望理由書に書いたこと以外にされる質問に注意が必要です。

 

志望理由書に書いてあること以外の質問って?

 

当然ながら大学の先生たちは学習意欲のある学生に入ってほしいと思ってます。

すなわち、学歴欲しさだけに編入試験を受ける学生を面接で弾きたいのです。

よって、以下の質問はよくされます。

 


①院試ではなく編入でその大学を志望した理由は?
②最近読んだ本は?
③最近気になったニュースは?

 

1の質問では、学歴コンプレックスだけで編入を志望する学生にはきつい質問です。

もし学歴欲しさのために編入を志望しているのであれば、それを見抜かれないようにこの質問に上手く答える必要があります。

 

例えば、現大学では自分の気になる分野の研究室がない、その分野に関して専攻している先生がいない、などと言おう。

絶対に「学歴が欲しいから」と言ってはいけません。落ちます。

 

 

2と3の質問では、自発的な学習を継続しているかをチェックされています。

2の読んだ本に関しては、特に自身の専攻と関わりの深いものを著者も併せて2~3冊挙げられるようにしましょう。

3に関しては自身の専攻に絡めて答えられるとポイントが高いです。 

 

 

あとは、筆記試験の出来についてや、専門科目についての簡単な口頭試問、入ろうと思っているゼミ・研究室について聞かれるよ。
事前によくチェックしておこう。

 

 

↓関連記事↓ www.otome-nageyari.com

 

   

 

対策方法

f:id:kanakonakonako:20180204101019p:plain

志望理由書の提出がある場合、必ずコピーを取って自分の書いた内容を手元に残しておきましょう

それを基に、面接官に突っ込まれそうなところを自分で予想して想定問答集を作成しておきます。

 

↓志望理由書・想定問答集の作成↓

www.otome-nageyari.com

 

 

緊張しててもスラスラ言えるぐらい、自分の口に馴染ませておくのが良さそうだね!

 

 

  

その他注意点

面接において受験生が一番気になることは、服装だと思います。

私の経験からして、黒・紺のスーツが無難だと思われます。

服装で合否が決まるわけではありませんが、面接は受験者の「ひととなり」を見る試験であることをお忘れなく。

 

ちなみにこの記事の筆者がある国立大の編入試験を受けたとき、50人の受験者の中で、みんなスーツなのに1人だけよれよれのチェックシャツのヤツがいたよ。

オタクアピールをしたかったんじゃないかな。

大草原不可避。

 

あえて周囲と違う服装で面接に臨むことで強い印象を残すテクニックもありますが、かなり上級者向けの技術になるのでオススメしません。

きちんとした服装をしておくことは、自身がしっかりとした人間であることをアピールするチャンスになります。

 

あと、さっきも言ったけど、面接の順番は受験番号順で決まるよ。
面接を早く終わらせたかったら、なるべく早めに出願しようね!

 

 

  

   

 

 

 いかがでしたでしょうか。

編入試験での面接の配点は明示していない大学が多いですが、だからと言って配点が低いわけではなさそうです。

面接をやるということは、編入では受験生の志望動機や人柄を重視しているということです。それらを軽視するのであれば、そもそも面接なんて行いません。

たかが面接と思わずに、しっかりと対策をすることが望まれます。

  

関連:大学編入 カテゴリーの記事一覧 - オトメナゲヤリ

 

 

   

 

*1:特に旧帝大などの難関校でこの傾向が強いです。