オトメナゲヤリ

はみだし女の備忘録&お役立ちブログ

【2018年版】はじめてのTOEIC®公開テスト!タイムテーブルと時間ごとの攻略法!!

f:id:kanakonakonako:20180527155130j:plain

こんにちは!オトメです!

先日おこなわれたTOEIC L&R公開テスト第230回を受験し、ついにTOEICを受けた回数が10回に達しました!

歴戦のTOEIC猛者たちに比べたらまだまだひよっこですが、中級者なりに編み出したTOEIC本番当日前後の過ごし方について、TOEICを初めて受けるビギナーの方に向けて伝授します。

 

ときどき仕様や形式が変わるTOEIC!2018年度版、最新の情です!!

 

 

 

   

 

 

試験前日の過ごし方

f:id:kanakonakonako:20180530120840j:plain

 

受検前日は土曜日。

この日はなるべく予定をオフにしておきましょう。

TOEIC当日と同じ時間に起き、試験と同じタイムテーブル(13時~15時)でTOEICの模擬テストをやるのが理想です!

 

土曜日、そんなに暇じゃないよ~!仕事もあるし……。

 

忙しい方は、とりあえず起床時間だけでも翌日と同じにしておきましょう。

そして帰宅後、リスニングのみorリーディングのみのハーフ模試を解いておくことをおすすめします。

問題を解く勘を研ぎ澄ませておきましょう!

 

 

 試験当日の過ごし方

f:id:kanakonakonako:20180303171502j:plain

 起床~午前中

①起床時間について

 

試験は13時開始です。

人間の脳が完全に目覚めて活発になるのは、起床後3~4時間と言われています。

よって、当日の朝はどんなに遅くても9時には起きましょう!

 

理想は7時起き!朝に直前の単語チェックをしたりできるといいね!

 

 

②朝食について

 

朝食については様々な意見がありますが、歴戦のTOEIC猛者たちが共通して行っているのは、 遅めの時間帯にしっかりとした量を食べるということです。

 

TOEICは2時間の長丁場になります。

頭を使うので、すきっ腹だと後半のリーディングで気が散ってしまう恐れが!

 

じゃあ直前にお昼ご飯食べればいいじゃん!!

 

昼食をとってしまうと、食べたものが消化しきれず、眠くなる可能性があります。

なので、遅めの朝食が推奨されます。

 

オススメは、バナナ・パン・お米だよ!朝10時ぐらいに食べよう!!

 

 

   

 

 

集合・受付(11:45~12:30)

なるべく余裕をもって会場に向かいましょう。

私はいつも12時頃に会場に入り、すぐに教室にはいかずに12時20分頃までロビーやホールなどで待機しています。

ここで何をしているかというと、リスニング音声を聴いて耳を慣らしながら、チョコ・カロリーメイトといった軽食をつまんで糖分補給をしています。

 

ここで注意点ですが、もし現地でチョコやカロリーメイトなどの軽食を買おうと思っている方、気を付けて下さい。

試験会場が地方の場合、周囲にコンビニがない可能性があります。

筆者が埼玉の郊外の会場で受験することになった際、駅を降りたら見事に畑しかありませんでした。

会場である大学の中にコンビニはあったのですが、日曜日なのでお休み……。

この集合・受付の時間に何かを買って食べようと思っていた受験生の方々が、阿鼻叫喚していました。

 

軽食や飲み物は前日に用意しておくか、最寄り駅のコンビニで買おう!
現地調達は危険だよ!

 

 

試験の説明・音テスト(12:35~13:00)

この時間にリスニングのテスト音声が流れたり、まだであれば受験票を書いたりします。

なお、この時間からは休憩がなく、試験教室から退室できないので注意してください。

 

 

リスニング試験(13:00~13:45)

f:id:kanakonakonako:20180529210816p:plain

 

リスニング試験はPart1~Part4までです。

ちょうど解答用紙の上半分ですね。

音声は1度しか流れないので、かなりの集中力が必要になります。

 

私がリスニングパートのコツとしていつも念頭に置いているのは、以下の通りです。

 

Part1は全問正解を目指す

Part3と4は「設問先読み法」で攻略!

分からなかったら適当にマークして、次にいく!

 

リスニングは音声スピードに乗れるかがカギです。

日々の練習の中で、自分なりのマイルールを決めておきましょう。 

 

 

 リーディング試験(13:45~15:00)

「これからリーディング試験です」などのアナウンスは一切ないので注意しましょう!

Part4の最後の問題が解き終わったら、すぐにリーディングパートのページを開きましょう。

 

リーディングパートは好きなパートから解いていくことができますが、基本的には順番通り、Part5→6→7と解いていくことをおススメします!

 

なぜなら、part7は最も問題量が多く、時間をかければかけるほど高得点が期待できるパートだからです。

 

つまり、part5と6はさっさと片づけておこうという事だね! 

 

目標スコアごとに差異はありますが、

Part5…10分~15分以内

part6…10分~15分以内

part7…残りの時間すべて

 

という時間配分が理想です。

 

自分の目標スコアに合わせた時間配分でいこう!

 

 

試験終了(15:00)

試験が終わったら、問題用紙と解答用紙の回収作業に入ります。

他の試験などと同様、筆記用具を置いて試験監督の指示を待ちましょう。

また、回収される問題用紙に名前・受験番号を書き忘れる人が多いので気をつけましょう。

 

 

 

 

 

 

試験が終わったら……

 

えっ!?試験が済んだら終わりじゃないの?

 

次回の受験のために、試験後に振り返りをすることを忘れてはいけません!

……とはいえ、TOEICでは問題用紙を持ち帰ることが出来ないので、読めなかった単語の復習などはできません。

しかし、その日の試験で良かったところ、悪かったところについて記録することはできるはずです。

上手くいったところについてはその勝因、失敗したと思ったところについてはその敗因をノートに記しておきましょう!!

 

TOEIC振り返り用ノートをつくるのもいいかもね! 

 

出来れば受験後すぐ、記憶が新しいうちに記録して次回のスコアアップに繋げましょう!

 

 

 

おわりに

f:id:kanakonakonako:20171129130309j:plain

 

いかがでしたでしょうか!

今回はTOEICビギナーの方に向けたハウツー記事でした。

日々の勉強も大切ですが、直前の過ごし方や本番の時間配分によって、スコアは10~50も上下します!!

万全の状態で臨んで、自己最高スコアを出してくださいね。

 

 

 

↓おすすめ記事↓

www.otome-nageyari.com