オトメナゲヤリ

はみだし女の備忘録&お役立ちブログ

四大→四大編入はオススメしない?!実際に編入した人の本音

f:id:kanakonakonako:20180614202335j:plain

編入経験者のオトメです。

四年制大学から別の四年制大学に編入した経験から、今までさまざまな大学編入についての記事を書いてきました。

しかし、単に情報についてまとめたり、勉強のハウツーを書いたりするに留めており、その本音については今まで語ることがありませんでした。

今回は、他の記事では語らなかった私自身の「編入の本音」について、思い切って書いてみました。

 

 

 

 

ゼロからの出発

f:id:kanakonakonako:20180614203007j:plain

ゼロからの出発って聞くといい意味に聞こえるかもしれませんが、これは今まで元の大学で積み上げてきた実績も一回チャラになるっていうことなんです。

私は、前大学では、教員にかなり知られていました(いろんな意味で)。

「ああ、あの資格たくさん持っている」

「TOEICすごいひとでしょ?」

「あ、論文入賞した人だよね?」

「小説やってるって言う……」

私は知らない人から自分について知られていると「うわウザ気持ち悪氏ね」ぐらいに思っていた人格破綻人間なのですが、今思うと「あざーす!!」って感じです。

その集団内で知名度があるって言うのは心強いことだったんです。

 

編入して、大学が変わり、誰も私のことを知っている人がいなくなりました。

いいじゃんいいじゃんって、最初のうちは思っていたんですけど、編入の恐ろしさは、今まで自分が積み上げてきた信頼がチャラになってしまうことなんですよね。

私が今までどれだけ実績積み上げて来ても、編入先の教員は、私がどれだけ資格を持っていたかとか、論文で賞とったとか、執筆業やってるとか知らんわけで……。

つまり、扱いが 内部生>>>編入生 なわけなんです。

そりゃ、そうなんですけどね。

得体のしれない編入生よりも、すでに2年その大学にいた学生に信頼を寄せるのは当たり前の話です。

これは研究室などでも大いに格差が出てくるところです。

私は実際に、理不尽に辛酸を舐めた思いをしました。

編入での募集人員が少ない大学ほど見えない壁を感じるのは、覚悟しておいた方がいいです。

 

 

 

人と違う生き方をするということ

f:id:kanakonakonako:20180614205022j:plain

人と違う生き方を選んだという事は、その後に起こりうることについても、自分で責任を取っていかなければなりません。

四年制大学から別の四年制大学にうつるということは、あまり普通のことではないです。

普通ではないことに対して、人の嗅覚は敏感に働きます。

これは人間の危機察知の本能です。

そんな、大げさな・・・と思うかもしれませんが、少なくとも「普通ではない生き方」をすることに対して、諸外国に比べ、この日本社会はまだあまり寛容ではありません。

「普通でない」ことだけが理由で、人をいじめたり、つまはじきにしたりする程度の低い人間もたくさんいます。

人と違う生き方をしていく人は、そういったアホどもと一生戦っていく覚悟をしなければなりません。

今一度、自分にはその覚悟があるかどうか、考えてみてください。

 

 

 

つまり何が言いたいか

短大とか高専出身で、大学に編入するっていう人はそれでいいと思います。

それが正攻法になりますから。

 

しかし、四大から四大で編入を考えている人は、よっぽどの理由がないと編入はやめておいた方がいいと思います。

(二年以上通って62単位以上取ったけど諸事情で中退した…だけどやっぱり大卒の資格が欲しくて編入することにしたとか、そういう人は大いに結構だと思います。頑張ってください。)

今現在どこかの四年制大学に在学していて、今の大学のレベルに不満があるから…という理由だけでの編入は本っっっ当におすすめできません。

新たにやりたいと思っている専攻or入りたいと思っている大学によっぽどの愛がないと、編入してから闇を見ることになります。病みますよ。

 

編入にロマンを感じるのはとても分かります。

ただし、編入したからと言って「夢や希望、バラ色の人生が待っているのよ~ウフフ~~!!」ってわけではないです。

単位取り直しだったり、授業めっちゃとんなきゃいけなかったり、色々な事務手続きが煩雑になったり……そういったリスクがあることも重々承知しましょう。

 

そもそも、そういうリスクをきちんと理解している人は、ちゃんとした志望理由があることがほとんどです。なので、こんな忠告役に立つのかっていう話ですけど。 

 

ちなみに、私は編入したことで後悔は全くありません。

自分がいた大学が理工系の単科大で、やりたい学問が社会学だったので、他大に出るしかありませんでした。

やりたい学問を扱う学科が学内にある場合は、先に転学部・転学科を考えたほうがいいと思います。学内での移籍の方がいろいろと甘いし、やりやすいですから。

ない人は諦めて私と同じ道を歩んでください。イェーイ。

 

以上です。最後までご覧いただきありがとうございました。

 

関連:大学編入 カテゴリーの記事一覧 - オトメナゲヤリ