オトメナゲヤリ

はみだし女の備忘録&雑記ブログ

【四大→四大】編入試験に合格した後、やるべきこと3つ!

f:id:kanakonakonako:20180621144405j:plain

こんにちは!編入経験者のオトメです。

早いところではもう編入試験が終わり、合格発表が出始めている頃ですね。

さて、四年制大学から四年制大学に編入することになったとき、心配なのが事務手続きです。今回は、四大→四大編入生に向けて、合格が決まったあとやっておくべき作業をまとめてみました。

 

 

 

 

退学届の提出

f:id:kanakonakonako:20180621134937j:plain

一番重要なのが、退学届の提出です。

さすがに忘れる人はいないと思いますが、万が一これを怠ると二重学籍になってしまうので注意してください。

退学の日付に関しては、編入試験出願時の条件を満たしている必要があります。

三年次編入の場合は「大学に二年以上在学し、かつ〇〇単位取得」が出願条件になっていることがほとんどです。なので、これを「見込み」で受験した人は、編入先の大学に入学直前――つまり、翌年3月31日まで、その大学に在籍している必要があります。

休学期間を挟んでいる場合は異なる場合もあるので、自分の状況に合わせてよく確認してください。

また、既に出願条件の在学年限・単位数をクリアしている方については、次の大学に編入するまで在籍するもしないも本人の自由です。

ただし、そういった方はどこかしらに合格が分かった瞬間に在籍大学に退学届を出している方が多いように思います。

まあ、授業料は安くはないですからね。

 

 

基本的な退学の手順は、以下の通りです。

※大学によって多少異なる場合があるので、ご自身の在籍大学の学則を今一度ご確認ください。

 

f:id:kanakonakonako:20180621142527p:plain

注意してほしいのは、退学届には保証人の直筆サインが必要だという点です。保証人が遠方に住んでいる方も、きちんと事情を説明して、必ず直筆サインをもらいましょう。

 

もし、退学届が受理されなかったらどうなるの?

 

「来年次から他大学に編入するから退学したい。」

このケースにおいて、退学届が受理されないということは、99.999999%有り得ません。

安心してください。

 

退学届が受理されたら、あとはその大学でおこなう手続きは特にありません。退学届に書いた日付に自動的に退学となります。

 

 

取得した単位のシラバスを印刷しておく

f:id:kanakonakonako:20180621135917j:plain

編入先の大学で、入学後の単位認定のためにシラバスの提出を要求されます。取得した全ての単位について提出が必要なため、今のうちに印刷しておきましょう。 

このとき、シラバスは二部ずつ用意しておくことをおすすめします。 万が一のこともあるので、手元に一部残して保存しておきましょう。

 

 

 

教員や友達に報告する

f:id:kanakonakonako:20180621144752j:plain

お世話になった人への報告を忘れずにしてくださいね。とくにサークルや部活に所属している人は、翌年の運営に関わることもあるので、きちんと話しておきましょう。

また、友達への打ち明け方についてはこちらも参考にしてください。

www.otome-nageyari.com

 

 

おわりに:やるべきことをきちんとこなしていこう!

f:id:kanakonakonako:20180617121152j:plain

編入は合格した後のアフターケアも、とても大事です。事務手続きが煩雑になりますが、自分が何をするべきかしっかりと手帳に書き出しましょう。TODOリスト化していくことで、漏れがなくなりますよ。

また、ここで書いた情報はあくまで一般的な流れです。改めてご自身の在籍大学の学則をきちんと確認して下さいね。

 

色々と大変かもしれませんが、こうした経験はきっと社会に出てからも役に立つことでしょう。最後のひと踏ん張り、がんばってください!