オトメナゲヤリ

はみだし女の備忘録&雑記ブログ

メルカリでトラブル発生!非常識な人への対処法は?

f:id:kanakonakonako:20180630084017p:plain

メルカリをよく利用するうちに、誰しもが大なり小なりトラブルに見舞われる経験が出てくると思います。

特にクレーマー気質のユーザーに当たってしまうことは、よくあると思います。

今回は、メルカリで非常識な人に当たってしまった時の対象方法をまとめておきました。

 

 

 

 

とにかく、何かあれば事務局へ!

f:id:kanakonakonako:20180704095359j:plain

いきなり結論のようになってしまいましたが、メルカリでのトラブルは自分だけで解決しようとしないのが一番です。 

世の中には一定数、話し合いではどうにもならない人がいます。

もちろん、メルカリの世界でも同様のことが言えるので、そういった人たちに遭遇した場合は、多少手荒ですが権力行使でいくしかありません。

対象商品ページの「不適切な商品の報告」や「コメントの報告」のボタンから、事務局に通報しましょう。常駐しているメルカリのスタッフが、すぐに対応してくれます。

 

メルカリの良さは事務局の対応がとても親切なことです。しかも、レスポンスが早い!

 

 

事務局への通報のしかた

問い合わせ画面を選択して、商品のIDとトラブルの内容を送ればメルカリの事務局にコンタクト出来ます。

 

①メルカリアプリトップページから、左上のメニューバーを選択

f:id:kanakonakonako:20180718085600j:plain

 

②表示されたメニューの中から「お問い合わせ」を選択

f:id:kanakonakonako:20180718085714j:plain

 

③「お問い合わせ項目を選ぶ」のページへ

f:id:kanakonakonako:20180718085759j:plain

 

このように簡単に事務局とコンタクトが取れます。

ですから、絶対にしていけないのは、対応の仕方が分からないからという理由で購入者の言いなりになってしまうことです。

例えば、内容と違うから返品したいと言われても、それが客観的に見てキャンセルできる取引内容だったのかどうか、どちらに落ち度があったのかということを事務局に連絡して、第三者に確認してもらうべきです。

メルカリはシステム上、相手が受け取り評価をしないとこちらに売上金が入ってこないのでそれを逆手に取って強気で言ってくる購入者がまれにいます。

そういうクレーマー気質の人は、まともに相手をしてはいけません。

何かトラブルがあったら必ず事務局に相談して、対応してもらうようにしましょう。

 

 

 

非常識な人に当たらないようにするコツ

f:id:kanakonakonako:20180704095859j:plain

自分が商品を買う時は、出品者の過去の取引評価を見れば未然にトラブルを防ぐことが出来ます。

 

でも、自分が出品者になったときには購入者は選べないし……

 

そうですよね。自分が出品者になったときが不安ですよね。

しかし、その場合でもある一つのポイントを守ると、ぐっとトラブルに遭遇する確率を減らせます。

 

それは、取引するジャンルを見極めるということです。

 

特に、アイドルグッズ・アニメグッズ・コスメ・ブランド系は荒れていることが多いです。

もちろん全員が全員そういう方ではありませんが、他のカテゴリーに比べて非常識な人が多いように思います。

恐らく、中学生や高校生など、まだ世の中の常識・ネットリテラシーをきちんと身に着けられていない若い層が多いためでしょう。

 

また、レディースの洋服や靴などもメルカリで最も市場規模が大きいため、その分非常識な人も一定数いるものと考えられます。

色々な人がいますから、仕方がないですね。

 

というわけで、こういったカテゴリーに出品をすると、購入者の層があまり良くないので、トラブルに見舞われる確率が高くなると考えます。

逆に、資格の参考書や専門書といった書籍系は、年齢層も高くリテラシーの高い人が多いと見受けられます。

私も3年ほどメルカリをやってきましたが、このカテゴリーで問題のある人に当たったことはありません。

 

やはり、カテゴリーによってある程度の差はあると思うので、ジャンルを限定して上手くメルカリを使っていくことが大事でしょう。

また、アニメグッズやアイドルグッズは、そういった専門のリサイクルショップに買い取ってもらう方がいいかもしれませんね。