オトメナゲヤリ

はみだし女の備忘録&雑記ブログ

「おりものシート」防災グッズに入れてる?実は生理用ナプキンよりも重要!

f:id:kanakonakonako:20180709201502j:plain

中国・四国地方で平成最悪の被害を出した大雨。こうした震災が起こるたびに、私たちは防災への備えを再確認させられます。

今回は、忘れられがちですが、女性にとって必需品の防災グッズ「おりものシート」について記しておきたいと思います。

 

 

 

 

おりものシートの必要性

市販の防災グッズセットを購入した方もいるでしょう。とくに「女性用防災グッズ」はAmazonでも人気、品薄になっています。

 

 

一見完璧無欠のように思えるこのセットですが、唯一の欠陥が。

そう、おりものシートが入っていないのです。

 

おりものシートって別になくても大丈夫じゃない?日常的に使わない人も多いし。

 

確かに、生理用ナプキンと違って、おりものシートを普段使わない人は多いでしょう。

しかし、震災時には水が止まり、下着の洗濯が出来ないことも十分に考えられます。

そんな時におりものシートを貼っていれば、手持ちの下着の数が少なくても衛生的に過ごすことが出来るので、超重要アイテムだと言えるでしょう。 

(2018/7/12追記)
連日の四国・中国地方の豪雨に関連したニュースの中で、支援物資として女性用の下着が不足していることが強く報道されています。
やはり、こうした非常時にどうしても数が不足するのが、女性用の商品です。
今一度、おりものシートのストックを強くおすすめしておきます。

 

ストックにオススメのおりものシート

防災グッズとしておススメのおりものシートは、2枚重なっている商品です。

 

 

一枚でも節約したい被災時に、二枚重ねのタイプのものは嬉しいですよね。

東日本大震災での被災者の女性も、こちらを大変勧めておりました。

ナプキンやおりものシートに使用期限はありませんが、外袋未開封のものでも、2~3年おきに新しいものにストックするのがベストでしょう。

 

 

 

おりものシートは贅沢品か?

以前、熊本の震災で「支援物資として送られてきた生理用品を、男性が贅沢品と判断して配給阻止した」という事件があったそうです。

これについては、男性が女性の生理の期間についてよく知らず、ナプキンが1か月にどれほど必要か判断がつかなかったため、「生理用品=淫ら」と勘違いしている男性が、この被災時に不謹慎な!と憤ったり(もうこれは論外)したため……などと色々な推測がなされてきました。

いかんせん、ネット上で拡散されてきたことなので、正確なシチュエーションや真偽は分かりません。

しかし、もしも本当にそう思っている男性がいるのであれば、生理用品は贅沢品ではありません、と主張しておきたいです。

 

同じように、おりものシートも贅沢品ではないでしょう。

というのも、女性が不衛生な下着を何日も身に着けていると、命の危険に晒されることさえあるからです。

女性は男性よりも尿道が短く、さらに性器が直接下着に触れます。

不衛生な下着を身に着けていると、尿道から菌が逆流して腎盂腎炎という病気になる可能性があるのです。

ですから、おりものシートは贅沢品というより、むしろ被災中の生活必需品ともいえるのです。 

 

いざという時に健康的に過ごすため、おりものシートを女性用防災グッズとしてストックすることを強く推奨しておきます!