オトメナゲヤリ

はみだし女の備忘録&雑記ブログ

スキンケアに重要なメイク落とし!タイプ別のおすすめ商品は?

f:id:kanakonakonako:20180708182905j:plain

 

洗顔時に使用するメイク落としを購入する時は、適切な商品を選び、使い分けをすることが大切です。

この記事では、自分の肌に合ったメイク落としを選ぶコツと、オイル・リキッド・シートなど、タイプ別のおすすめ商品を紹介していきます。

 

 

 

 

メイク落としを選ぶコツ!

f:id:kanakonakonako:20180708185313j:plain

洗顔は毎日するものなので、自分の肌に合ったメイク落としでなければ、無用な肌トラブルに見舞われる可能性が高くなるので注意しましょう。

またメイクの種類や顔の部位によって、メイク落としを使い分けることも必要です。

ポイントメイクは、専用のメイク落としの商品を使って、しっかり落とすように心がけましょう。

口の周りや、目の周りに使うメイク落としを別に用意して、顔のメイク落としと区別するようにしましょう。

 

 

ベースメイクに合わせてメイク落としを変える!

f:id:kanakonakonako:20180708181811j:plain

ファンデーションの種類によって、メイクの落ちやすさは違います。

濃いメイクをしたときには、しっかりと落とせる洗浄力の高いメイク落としの商品を選びましょう。

逆に、メイクが薄いときには低刺激の商品を選んだ方がいいです。洗浄力は強すぎず弱すぎず、適正のメイク落としを選ぶことで、肌の負担を軽くすることができます!

メイクを落とすことが目的ですが、洗浄力が強いものは、それだけ肌への影響力も強くなるので、肌が弱い人は慎重に選ぶようにしましょう。

 

メイク落としは使い分けることで、肌への負担も軽くすることができるよ!

 

 

 

メイク落としのタイプとおすすめ商品

メイク落としには、主にオイルタイプ、リキッドタイプ、シートがあります。それぞれのおすすめ商品を紹介します。

 

コスト×Amazonレビューでの評価を加味して、厳選してみました!

 

オイルタイプ

カウブランド無添加 メイク落としオイル

 

パーム油からできた植物性オイル配合で、鉱物油は使っていません。しかも、濡れた手でも使えるため、お風呂での洗顔もOK。

お肌に良いものを重視したい方は、こちらが大変おすすめです。

 

リキッドタイプ

専科 パーフェクトリキッド 

 

薄手のお化粧を落とす時におすすめしたいのがリキッドタイプのこちら!

とろみが強いので、肌をごしごししなくてもスッキリ落ちます。洗い上がりも乾燥しないため、専科のメイク落としシリーズの中でも優秀なパフォーマンスです。

 

シート

KOSE ソフティモ メイク落としシート

 

メイク落としのシートはこちらが最強です!しかも全4種類とバリエーションが豊富で、その日にしたメイクによって使い分けができます。

 

 

 

いかがでしたか?

寝る前に必ず化粧を落としておかなければ、肌へのダメージになって蓄積されていきます。数年後も、何十年後も健康な肌でいるために、メイク落としは毎晩きちんとできるようにしておきましょう!