オトメナゲヤリ

はみだし女の備忘録&雑記ブログ

【編入】現大学の教授に志望理由書を見てもらうのがダメな理由2つ!

f:id:kanakonakonako:20180809075550j:plain

 

 

こんにちは、オトメです。

さて、今回は四大→四大の編入試験を志していて、独学で勉強している人に質問です。

 

あなたは志望理由書を誰に見てもらっていますか?

 

どうやら、独学の編入受験生は、現在の在籍大学の先生に添削をお願いしているという方が多いようです。

 

(当社調べ)

 

ですが、大学の先生に志望理由書の添削をしてもらうことには、問題点があります。

志望理由書で失敗をしたくない人は、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

 

 

大学の先生に添削をお願いしてはいけない理由

f:id:kanakonakonako:20180805161006j:plain

理由1:大学教授は編入のプロではない!

シンプルにこの理由が最大です。

確かに、大学の先生は編入試験において選ぶ側の人です。だから、受験生側としては「何となく編入試験のことを知っていそう!」と思い、教員目線での指導をお願いしたくなりますよね。

ですが、大学の先生はあくまでその分野のプロフェッショナルであって、編入試験のプロではありません。

果たして、編入試験でウケる志望理由書の書き方を、学生にコーチングできるほど知っているでしょうか?

餅は餅屋、素直に編入に詳しい人に見てもらうのが正解です。

  

理由2:編入のことを伝えなければならなくなる!

志望理由書の添削を大学の先生にお願いする場合、当然ですが、編入を考えていることを打ち明けなければなりません

添削をお願いできる間柄ということは、そもそも先生とある程度親密な関係であるということになります。その場合、先生から見たあなたは「自分を慕ってくれるかわいい教え子」として映るでしょう。

それが突然、「別の大学にうつりたいので編入します。先生、志望理由書見て下さい」と言ったらどうでしょうか? ショック受けますよね。

精神的に大人な方であれば、多少残念に思いつつも受け入れてくれるかもしれませんが、世の中優しい人間ばかりではありません。

多くの人が、これからいなくなる学生にどうして無料で志望理由書の添削なんかしてやらなくちゃいけないんだ、と思うでしょう。

 

というかこれが普通の反応です。自分が教員側だったらどうか、一度考えてみて下さい。

 

最悪今までの穏やかな関係が破綻することも考えたほうがいいでしょう。

さらに、編入に失敗して今の大学にとどまることになった場合、気まずい事この上ありません。

 

 

 

志望理由書は誰に見てもらえばいいの? 

 

じゃあ結局、誰に添削してもらえばいいんだよ! 予備校にも行ってないから詰んだオワタ……

 

まあまあ落ちついて。独学の場合でも、編入予備校の夏期講習に潜り込めば、志望理由書の添削を無料で請け負ってくれるところもあるから。

 

志望理由書の添削のためだけに予備校を利用するのもありですね。

この記事を読んでいる時点で夏期講習の受付が終わってしまっている場合には、 大学進学センターという通信講座の添削サービスを利用するといいですよ。

 

料金は添削2回コース 13,650円3回コース 19,950円*1と、学生のお財布からしてみれば安いとは言えません。

しかし、かなりしっかりとした指導を受けることが出来るので、心強い味方になるといえるでしょう。

面接対策のDVDや編入の情報が網羅された情報冊子も手に入るので、値段以上に価値があります。

 

 

 

 

安くても1万3000円か~。バイトしてても結構カツカツでやってるから困ったなぁ。

 

そんな方に向けて、現在アウトソーシングサービス「ココナラ」にて、税込1000円で編入の志望理由書の添削サービスを行っています。

孤立しがちな独学での大学編入試験で、誰かの手助けができれば幸いです。

 

大学編入専門!志望理由書を添削します 複数の国立大学に合格した編入経験者が、丁寧に添削します!

  

※注意書きをよくご覧の上でご利用ください。

 

※サービスを終了いたしました。再開の予定はございません。

 

 

まとめ:餅は餅屋!!

f:id:kanakonakonako:20180809080131j:plain

何はともあれ、志望理由書の添削は編入予備校や編入経験者にお願いするべきです。

現大学の先生に添削を依頼するのは、あまり得策とは言えません。

 

餅は餅屋という言葉の通り、編入試験をよく知る人に見てもらいましょう!!

 

合格お祈りしてます!!

  

 

 

 

 

 

*1:ともに税込み